感動エンジン発見ライフ

『感動は他から与えれてもらうものではなく、自ら創り出せるものだ!』をコンセプトに感動出来るエンジン(心)を装着し、日々の生活の中でいつでもどこでも感動を発見出来るようになるブログメディアです。

簡単、すぐに実践できる整理整頓術 3つをおさえところ

約 1 分
簡単、すぐに実践できる整理整頓術 3つをおさえところ

やることがたくさんあってどこから整理していったらいいのかわからない・・・
整理が苦手で整理術セミナーに参加してみたけれど、その日はよかったけれど、続かない・・・
いつも優先順位をつけるところで迷ってしまう・・・

そんな経験ありませんか?

整理って簡単なようでいて難しいと思っていませんか?

実は、整理術のセミナーなどに参加しなくても簡単にできる方法があるんです。

それが以下の3つをおさえること。

簡単、すぐに実践できる整理整頓術 3つをおさえところ ①客観化

まずは何といっても客観化です。

ある意味、これが出来てしまえば半分以上整理できたと言っても過言ではありません。

ひとつの例を出すなら以下の質問に対する答えが本質をついています。

机の中の整理ってどうしていますか?

小学校や中学などで自分の勉強机があった頃を思い出してみてください。

そして、一番上の小さい机の中。
鉛筆や消しゴムやボールペン、修正テープなど・・・

日ごろよく使いものがごっちゃに入っていたのではないでしょうか?

 

この時の整理は簡単。

机の中に入っているものを一度、全部、外に出して順番に入れなおす。

これが最も早く簡単な整理の仕方です。

 

それをもし、机の中から一つも出さずに机の中だけで整理したらどうなるか?

おそらく途中で整理をやめてしまったのではないでしょうか?

 

これと同じ仕組みを利用します。

やり方は簡単。

 

自分の頭の中で思っていること、気になることを一度、全部出してみるのです。

出すことによって客観化できるからです。

出来れば、A2などの大きな紙にすべてを出してみるといいと思います。

これの具体的なやり方 ⇒ コチラ

紙あるいはパソコン(エクセルがおススメ)などに書き出したことを通して客観化出来ると思います。

 

簡単、すぐに実践できる整理整頓術 3つをおさえところ ②優先順位をつけるな!

優先順位をつけるな!・・・書き間違え?

書き間違えではありません。多くの人があわててすぐに優先順位をつけようとするから訳が分からなくなるのです。

例えば、先の机の例で例えるならこれはお気に入りのペンだからここ。
そして、これも好きな人にもらったものだからよく見えるところに・・・
これはよく使うけれど、あまり好きじゃないから奥の方・・・

もし、机の中がお気に入りBOXだとしたら上記の整理の仕方でも問題ないでしょう。

ただ、机の場合、日々の宿題や予習、復習などに使う頻度が多いのではないでしょうか?

だとしたら、整理の仕方も変えないとすぐにごちゃごちゃになります。

つまり、優先順位をつける前に行うべきことが“目的”なのです。

何のために整理するのか、その目的を明確にすることです。

例えば、仕事でたまっていることを整理する
自分のスキルアップのためにやることを整理する
友人関係をよくするために整理する

何のために整理するのか、その軸を明確にすることが大事なのです。

ここをしっかりとおさえずにいきなり優先順位をつけると訳が分からなくなりやすいのです。

簡単、すぐに実践できる整理整頓術 3つをおさえところ ③次元をあげる

次元を上げるって?と思われるかもしれませんが簡単なことです。

あの有名なアインシュタインが的確な言葉を残しています。

どんな問題も、それが創られたのと同じレベルの意識では、解くことはできない。

NAVERまとめより引用

いま、紙あるいはパソコン上に書きだしたものは頭の中にあるものは、言ってみれば1次元上に出したと言えます。
(正確には、縦横の2次元ですが、ここではわかりやすく1次元と仮定しました)

そこに先ほどの何のために整理するのかという目的の次元を付け加えます。

一番簡単でシンプルな方法が軸をもう一次元プラスすること。

例えば、仕事でたまっているものを整理するとします。

その時、何もしなければ、緊急度などの急ぎの仕事から手をつけるようになるのではないでしょうか?

そこに重要度の軸をプラスする。

すると緊急度重要度で分類することが出来ます。

自分の中にあるものをすべて書き出したものを上の紙に分類してみてください。

これでだいぶ整理しやすくなったと思います。

今回は、目的を仕事で行いましたが、スキルアップであれば、習得期間、費用などの軸で整理してみてもいいかもしれません。

この方法の特徴は、2つの軸によって場所が変化することと次元を上げることを通して自分の中でかなり整理されるというのが特徴です。

簡単、すぐに実践できる整理整頓術 3つをおさえところ まとめ

いかがでしたでしょうか?

①客観化
②優先順位をつけるな!
③次元をあげる

上記のような順番を得ることで自分だけでもかなり整理整頓できるようになったのではないでしょうか?

やり方的には紙に書いた方がおススメなのですが、軸を変えるたびに書き直すのがめんどくさいのでパソコンでエクセルなどを使うと便利です。

ちなみに私は、2段階になるのですが、最初に紙に書き出し、それをエクセルにして分類しました。

パソコンは、一度、作ってしまえば、追加の時など非常に楽なんですよね。

あなたも一度、試してみてください。

あなたが整理整頓を通してあなたのやりたいことがどんどんできるようになる未来を応援しています。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA